MENU

メソセラピーによる育毛、薄毛対策

日本では一般に、メソセラピーは美容外科の先端的治療法として注目を集めています。メソセラピーとは、 「切らない」「メスを使わない」「痛みがほとんどない」医療法のことです。

 

育毛、薄毛の治療でも、このメソセラピーを応用するところが増えています。治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注射注入する療法のため、痛みをほとんど伴うことなく、身体の各部位のピンポイントによる改善ができる上、副作用も少ないという特徴があります。

 

育毛、薄毛でも、特にAGA(男性型脱毛症)の治療に効果的です。

 

 

育毛、薄毛に対しては、プロペシアとミノキシジルを頭皮に直接浸透させることが可能で、医師が適応の範囲に薬を直接注入するので高い効果が得られます。

 

 

美容整形のメソセラピーと同じように、細い針で頭皮に注射していきますので、それほど痛みはありません。また当然ながら育毛、薄毛のメソセラピーは、医師による医療行為として行われますので安心して受けることができます。

 

 

育毛、薄毛に対するメソセラピーの施術は、間隔をあけて3ヶ月〜半年の間受けていきます。早い人は数ヶ月で効果を感じるようです。ただし当然ながら育毛、薄毛に対するメソセラピーは、医師による医療行為として行われますので、興味のある方は施術を行っているクリニックで相談してみるといいでしょう。

ホホバオイル・カプサイシン等、天然植物による育毛、薄毛対策

アメリカ南西部に自生するホホバの実から抽出される黄金色の植物油が、ホホバオイルです。構造的に人間の皮下脂肪に良く似ており非常に肌に馴染み易く扱いやすいオイルです。抗酸化作用を持つビタミンEを始め、各種有効成分(アミノ酸・ビタミン・ミネラル)を含み化粧品を始め育毛、薄毛にも応用されています。

 

 

育毛、薄毛のための商品としていくつか出回っていますが、入手先は通販が一番手軽でおすすめです。安いものから高価なものまであります。あまりにも安いものは考え物ですが、100%天然物でそこそこ信用できるショップで買えば安価なもので十分です。

 

洗髪前、頭髪にマッサージするようにつけてシャンプーするか、洗髪後、洗面器の水に2〜3滴まぜ、頭にかぶると、育毛、薄毛に効用があります。

 

 

唐辛子に含まれる成分の、カプサイシンも、育毛、薄毛に効果があるということが最近分かりました。唐辛子の辛み成分のカプサイシンが、毛母細胞を増やしたり、毛髪の成長期間を延ばす物質を増やす神経ペプチドの一種(CGRP)を放出させることが最近の研究で分かっています。

 

カプサイシンは食欲を増進し、抹消神経を刺激して体を温め血行を促進するので、冷え性や肩こりも改善します。また、カプサイシンには胃液の分泌を促しすことで消化を促進する、などの効用もあります。育毛、薄毛だけでなく、体の健康にも大きく作用するわけですね。

 

 

こうしたものは、言わば、育毛、薄毛のための、食べる育毛剤と言うわけです。

育毛トニックの薄毛に効果的な使用

育毛、薄毛といえば、まず、やはり育毛トニックを思い浮かべます。最近は実に多くの育毛、薄毛のためのトニックが市場に出回っています。しかし、育毛トニックを塗布すれば、即、育毛、薄毛によい効果がある、というわけではありません。

 

大切なのは入浴の際、マッサージを兼ねたシャンプーやすすぎをしっかりと行う事で頭皮の血行をよくするという事が大切なのです。すすぎがおろそかだと、シャンプーのすすぎ残し等が頭皮の毛穴に残ります。これが邪魔になって育毛トニックの効果は半減してしまいます。

 

また、自分の頭皮にあった育毛トニックを使うのが一番効果的なのです。
また、風呂上りに育毛剤をつけるのなら、すぐにドライヤーで乾かさずに、タオルドライで頭に浸透させてから軽くドライヤーしたほうが育毛、薄毛により効果的になります。

 

 

自分の育毛、薄毛の症状に合った薬を使うことが第一ですが、アレルギーや副作用の経験がある人は使用を避けること、副作用が疑われる時は、速やかに専門家に相談すること、症状によっては、薬に頼らず受診すること、などを守らなければいけません。

 

 

きちんと朝晩育毛トニックをつけることよりも、きれいな頭皮のときに、育毛トニックを使う方が、育毛、薄毛のためのよりよい使い方だと言えるのは当然のことでしょう。高価な育毛トニックだと、つける時はなるべく浸透しやすい時に効率的に使った方が経済的でもあるのは間違いありません。